中国国家認証フォント及び文書デジタル化サービスのご提案。中国の総合フォントメーカー【北京中易中標電子信息技術有限公司】の日本語サイト。

文書デジタル化

  • HOME »
  • 文書デジタル化

当社では、書籍・古文書・新聞・辞書・マイクロフィルムなどをデジタルデータ化し、検索機能つきのデータとして納入いたします。

文書のデジタル化について 中易中標の文書デジタル化サービス 文書のデジタル化をご検討の方に

文書のデジタル化

日本の場合、文書のデジタル化と言えば書籍などをスキャナー等デジタル機器で画像化したものをPDFに変換したものを言います。

また機能を付加したものとして、OCRを使い少々のテキストをタグ添付することで、キーワード検索ができるようしたものがあります。 デジタル化とは画像化に過ぎないのが現在日本における文書のデジタル化と考えております。

当社が提案する文書のデジタル化は完全な再版が可能な状況に版を作成できます。

版のデジタル化とは、柱、地、ノンブル、キャプション、ルビ、の細部までテキスト化により再現し全てが検索対象となります。また図版についてはデジタル的にクリーニングを行うことも可能です。仕上がりは新書と同じになるだけでなくWeb利用など多くのチャネルから配信が可能になるとお考えください。

我々の作業工程は、印刷に使われている書体をデジタルフォント化するところから始まります。

いまでは存在しない旧書体をフォント化により再現することで、極めて高度なクオリティで自由度ある再利用が可能となります。

所謂、自炊代行(=電子書籍化)とは費用も工数も全く違うものであることをご想像ください。

古文書など歴史的に重要かつ保存だけでなく再版をご希望されるものについてご相談ください。

デジタル化例①

文書デジタル化_デジタル化例1

文書デジタル化_デジタル化例①.pdf

デジタル化例②

文書デジタル化_デジタル化例2

文書デジタル化_デジタル化例②.pdf

中易中標の文書デジタル化サービス

当社ではこれらの要件に充分に対応するための体制を備えております。

文書デジタル化_入力体制

【入力体制概要】
・読めない文字も入力できる独自の文字入力システム「鄭(テイ)コード入力」を採用
・漢字・かな・簡体/繁体字・韓国語、計7万字の文字をサポートするTrueTypeフォント
・常時200人の入力体制で対応
・安価な入力コスト(4,000円/1千字~)

※新文字入力方式「鄭(てい)コード」について

鄭コードシステムは中標が開発した入力システムです。

このシステムは現在7万文字を処理することができます、中国語はもちろん、日本語、韓国語などの言語も処理できます。

鄭コードシステムの特徴といえば、文字の形で入力しますので、発音が分からなくても、文字の形を見ながら、入力することが可能です。

デジタル化に当たって、読めない文字でも入力できるように、独自に開発した鄭(テイ)コード入力システムを採用しています。

【主な付加サービス】
・データベース化
・検索機能付きデジタルデータ化
・汎用アプリケーションソフト対応
・インターネット化
・PDF、e-bookデータの作成

ジュネーブ国際発明賞

「鄭コードシステム」はアジア文化の発展に大きな貢献をするとしてジュネーブ国際発明賞の金賞を受賞しております。

文書のデジタル化をご検討の方に

書籍・古文書・辞書などのデジタル化または新聞社関連のお客様で、新聞紙面のデジタル化をご検討のお客様は【書籍・古文書・新聞のデジタル化.pdf】をご覧下さい。

特に創刊当時の新聞紙面は貴重な資料です。ぜひデジタル化による永久保存をご検討下さい。

お問い合わせはコチラ
弊社代表よりごあいさつ
PAGETOP
Copyright © 北京中易中標電子信息技術有限公司 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.